替え肉って何!?沖縄の飲み会の〆は【やっぱりステーキ】

溶岩焼きステーキ 200グラム1,000円で
ライス・スープ・サラダがお代わり自由

ステーキといえば2,000~3,000円はかかるから何か特別な日とか給料あとに食べに行くといったイメージだけど、「やっぱりステーキ」は200グラム1,000円という嬉しい価格!
しかもライス・サラダ・スープどれもおかわり自由!これはもう週一回でも行けちゃいますねー。

さて、そんな「安い!美味しい!」ステーキのお店は国際通りにありました。

牧志駅にほど近いビルの2階にある「やっぱりステーキ」。入口には立て看板が目に止まります。

入って直ぐ左側の階段を上って行くと・・・入口。「やっぱりすてーき 4th」の「4th」は、4店舗目に出来たお店の意味。

お店に入ると券売機があり、ここで食券を購入。稀少部位といわれるミスジを使った人気ナンバーワンの「やっぱりステーキ 200g」にしました。
券売機の下の方へと見ていると・・・なに?「替え玉ならぬ替え肉!?」

ステーキの「替え肉」!?

ラーメン店ではよく「替え玉」ってありますが、ステーキ店で「替え肉」があるってビックリ!! 「替え肉」の字が「変え肉」になっていますが…(笑)

取りあえず席に着き食券を渡したところ、「ライス・スープ・サラダ・お水はセルフサービスになっております」。案内があり、それではステーキがくるまでサラダとスープを取りに行ってきます。

サラダとスープを飲みながら待っていると、壁には「やっぱりステーキ 心得10カ条」説得力ありますね~。読んでみると、いつでも食べなさい。ってこと?
私は①の疲れているときにお肉が食べたくなりますが、ん??⑩は、お酒の締めにステーキ?

締めステーキ!?

一般では締めラーメンですが、沖縄では締めステーキが定番とか。。また、ヘビーですよね~。
そこで沖縄県民に聞いたところ「お酒を飲みだすとあまり食べないから、飲んだ後に締めステーキを食べに行く」。それって、本当にお酒の好きな人の飲み方だから?まあ、分かる気もしますがね。。

ルーツとしてはアメリカ文化が影響しているためで、食文化としてステーキ店が多くあり深夜まで営業していることで広まったそう。

やっと待望のステーキがジュウジュウ音を立ててきました!!
脂が飛ぶのでペーパーがかけてあり、また運んでくる際にペーパーが飛ばないように楊枝で止めてある気配りは嬉しい。

200グラムでもこのボリューム!! 足りなかったら「替え肉」頼もうかな~

アツアツの富士山の溶岩石プレートで焼き上げる!

お肉はレアな状態で運ばれてくるので自分好みの焼き加減で楽しめるし、なんといってもお肉がいつまでも温かいのはイイですね!

ステーキソースは豊富な品ぞろえ、これだけあると迷ってしまう~

ご飯は、白米と五穀米が選べます。また、岩盤石プレートの上で白米と薬味のガーリックを混ぜ醤油で味付けすればガーリックライスが食べれますよ!(裏技かも?)

ステーキソースが豊富でいろいろ試してみましたが、個人的には、つぶわさびを乗せてお醤油で食べるのが一番おいしかった~

~満腹!ご馳走さまでした! 今回、200グラムでお腹がいっぱいになり「替え肉」チャレンジできなかったから、次回はぜひチャレンジしてみようとww

飲んだ後に「締めに何食べに行く?」「やっぱりステーキだね」―。そんな沖縄の食文化にちなんで名付けたという「やっぱりステーキ」。

「やっぱりステーキ」は2015年2月、那覇市の若狭大通り沿いにあるビルの1階で、6席のカウンターだけの小さな店舗から営業を始めた。飲み会帰りの客で行列ができ、思い切って松山店、国際通り店と出店したところ大ヒット。
地元客のリピート率の高さに加え、観光客にも浸透する「やっぱりステーキ」は、200グラム1,000円という価格と「締めのステーキ」のキャッチコピーで、1人でも気軽に立ち寄れるステーキ店でした。

【やっぱりステーキ4th 国際通り店】

住所:沖縄県那覇市牧志3-12-4 高泉ビル2F
電話:098-867-2929
定休日:年中無休
営業時間:11:00~翌3:00
駐車場:なし(近くにコインパーキングあり)

沖縄県那覇市牧志3-12-4 高泉ビル2F やっぱりステーキ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-5-27

    ANAインターコンチネンタル石垣リゾートで極上の朝食・その2《和食編》

    今回の2泊3日の石垣島旅行 、3日目の朝。 昨夜は晴れていたのでホテルの目の前のマエサトビーチ…
  2. 2022-1-22

    韓国家庭料理『ウマゴン』は辛いだけじゃない本場の味だった

    韓国出身の夫婦が手間暇かけた本場の韓国家庭料理でもてなしてくれる那覇市壺屋にあるUMAGON(ウマゴ…
  3. 2019-6-28

    世界中のリゾートで開催されている夏フェス☆コロナSUNSETS FESTIVAL

    毎年、糸満市の美らSUNビーチで開催開催されているリゾートフェス「Corona SUNSETS FE…
  4. 2021-6-20

    ブッフェダイニング【sakurazaka】の週末限定スパークリングワインを含む飲み放題が付いた豪華ランチブッフェ

    ラグジュアリーホテル『ハイアットリージェンシー那覇』の2階にあるブッフェダイニング【sakuraza…
  5. 2021-6-9

    ここは絶対行っとけ!世界遺産【座喜味城跡】は城壁からの360°の眺めが最高だった

    座喜味城(ざきみぐすく)は、築城家として名高い護佐丸(ごさまる)が、15世紀初期に築いたと言われてい…
  6. 2020-8-20

    沖縄西海岸の海を一望できる『レクー沖縄北谷スパ&リゾート』プール&温泉編

    沖縄西海岸の海を見ながらプールや温泉が楽しめる『レクー沖縄北谷スパ&リゾート』に行ってきました! …
  7. 2021-7-12

    那覇栄町に【骨汁屋】は骨汁がいつでも食べれる骨汁好きのための専門店だった

    骨汁(ほねじる)は、沖縄そばのスープを作るために出汁を取った豚ガラを再利用して、汁物に仕立てた料理。…
  8. 2022-5-28

    那覇・久茂地「カラカラとちぶぐゎー」多彩な琉球料理が魅力の泡盛居酒屋

    那覇文化芸術劇場『なはーと』の向かいにある「カラカラとちぶぐゎー」に行ってきました。 こちらは…

糸満の安らぐ『やど有』

カテゴリーから探す

最近の投稿

ページ上部へ戻る