『とん吉食堂』の骨汁定食は塩味であっさりでコスパがハンパなかった!

沖縄でしか食べられないモノってそれほど少なくはないと思いますが、骨汁はおそらくですが沖縄県外では食べられませんよね。

今回はそんなレアな骨汁を比較的に安定提供している『とん吉食堂』の骨汁定食をご紹介します!

人気店のほとんどが提供数限定の骨汁

沖縄のソウルフードの骨汁を提供しているお店は結構ありますが、ほとんどのお店が限定10食とかで、人気店だと午前中で売り切れたりするのが難点。

そこで今回訪れたのが、比較的に安定的に提供している『とん吉食堂』です。

お店は国道330号線沿いの浦添総合病院に入る道の角(伊祖トンネルの50mくらい手間)にあります。

この『紅豚の骨汁定食』のデッカイ看板が目印

お店の前に3台分の駐車スペースがあります。
お店が入っているビルの壁面にはこんな感じでツタが伸びて花も咲いています。

よく見るとまだ青いパッションフルーツの実がたわわになっているではありせんか。
外から見ると営業しているのかどうかわかり辛いのですが「営業中」の看板が出ています。
さっそく中に入ってみましょう。
ドアを開けるとドーンとレトロな食券機が置いてあります。

1000円札を投入して
迷わず骨汁定食(750円)のボタンを押します。

食券機の左横にはカウンター席のようなテーブルがあって、その前には来店した有名人のサイン色紙が飾ってあります。
右手奥にはテーブル席があるのですが、その手間に厨房の入り口があるので、おばちゃんに食券を見せると
『骨汁定食は、おかずがトンカツ、白身魚のフライ、ポーク玉子の中から選べる』ということで白身魚のフライをチョイス。

奥の部屋には3つのテーブル席とカウンター席があります。

待つことと10分。
骨汁定食が来た〜〜!!
まずは圧倒的な存在感を醸し出す骨汁w

骨汁はお店によって具材や味付けやトッピングの違いがありますが、『とん吉食堂』の骨汁はあっさり塩味のスープでレタストッピングが特徴です。

骨汁定食には4種類の小鉢と選べる3種のおかず(今回は白身魚のフライ)とご飯がつきます。
これで税込750円って素晴らし過ぎる!!

空の丼の中央にあるのが生姜の擦ったやつ。

これはお好みで骨汁に入れて、食べた骨をこの空の器に入れていきます。
4種の小鉢も全部美味しい
白身魚のフライは外はサクサク、中はふんわり熱々で、これだけで750円払ってもお釣りが来るくらいうまい!!
そして骨汁は、よく煮込まれていて、こんな感じのデカイお肉が、お箸で骨からするするとはずれる。
これをパクリ!トロトロに柔らかい紅豚が最高っす!

ご飯をスプーンにとってスープに浸してパクリ!
塩味でアッサリのスープがご飯に絡んで『なんて優しい味なんだ〜!』と幸せな気分になります。

骨の周りのお肉を外した骨の山。
骨がなくなったスープに残りのご飯を投入

最後まで飽きることなく美味しくいただきました。


『とん吉食堂』のコスパが半端ない「骨汁定食」はいかがでした?

「骨汁定食」750円のコスパもスゴイのですが、実は「骨汁(ご飯付き)」にも、4種類の小鉢がついて650円とコチラのコスパもハンパねえ!
ぜひ『とん吉食堂』の「骨汁定食」を食べてみてください!

【とん吉食堂】


住所: 沖縄県浦添市伊祖4-15-1
電話:090-6857-2087
営業時間:[月・水・木・金・土]11:00~19:00
[日]11:00~17:00
定休日:火曜(営業時間・定休日は変更となる場合あり)
駐車場:有

沖縄県浦添市伊祖4-15-1

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-5-4

    慶良間諸島スキューバダイビングでウミガメと遊ぶ

    ウミガメと遊べる慶良間のダイビングスポット ダイビングスポットとして沖縄で絶対に行って欲しいのが慶…
  2. 2022-1-22

    韓国家庭料理『ウマゴン』は辛いだけじゃない本場の味だった

    韓国出身の夫婦が手間暇かけた本場の韓国家庭料理でもてなしてくれる那覇市壺屋にあるUMAGON(ウマゴ…
  3. 2021-7-3

    MILANO GRILL(ミラノ・グリル)|ハイアットリージェンシー那覇の最上階でいただく創作イタリアン

    ハイアットリージェンシー那覇の最上階レストランで那覇の街並みを眺めながら、ワンランク上の創作イタリア…
  4. 2021-5-26

    宮古島で鍾乳洞探検!パンプキンホールの神秘に触れる冒険ツアー

    沖縄本島から飛行機で50分の宮古島の海は、世界中からダイバーが訪れるほど透明度が半端なくてキレイで、…
  5. 2021-4-16

    ハイアットリージェンシー那覇のクラブフロアに泊まってみた

    ラグジュアリーホテル『ハイアットリージェンシー那覇』の最上階の専用ラウンジが利用できるクラブフロアの…
  6. 2021-6-20

    ブッフェダイニング【sakurazaka】の週末限定スパークリングワインを含む飲み放題が付いた豪華ランチブッフェ

    ラグジュアリーホテル『ハイアットリージェンシー那覇』の2階にあるブッフェダイニング【sakuraza…
  7. 2021-6-5

    【ノボテル那覇沖縄のグルメバー】で優雅にアフタヌーンティーしてみた

    ノボテル(Novotel Hotels and Resorts)は、フランスに拠点を置くアコーホテル…
  8. 2021-5-27

    ANAインターコンチネンタル石垣リゾートで極上の朝食・その2《和食編》

    今回の2泊3日の石垣島旅行 、3日目の朝。 昨夜は晴れていたのでホテルの目の前のマエサトビーチ…

カテゴリーから探す

最近の投稿

ページ上部へ戻る