マイナスイオンで身体と気分をリフレッシュ!『轟の滝/轟の滝公園(名護市)』

沖縄県指定文化財の『轟の滝/轟の滝公園(名護市)』に行ってきました!

一枚岩から流れ落ちる滝の高さは約28mもあるのだとか。

バリアフリーに整備されているので、歩きやすくなっているもの特徴です。

なんと、駐車場から滝まで歩いて「3分」で行けます(笑)。

そんな『轟の滝/轟の滝公園(名護市)』をご紹介していきましょう。

轟の滝の説明が書かれた看板

轟の滝についての説明が書かれています。

説明を読むとより楽しめますよ。

 

入り口は広場になっています

広場や芝生エリアではバーベキューを楽しむこともできます。

少し進むと東屋が見えてきました

綺麗に整備されていので歩きやすい!

「轟の滝」のと彫られた岩が鎮座

なかなか大きな岩に「轟の滝」の文字が彫られています。

御先七御水(ウサチナナウビ)

どういういでしょうか。

沖縄県内にある水源(湧水)の一か所という意味だとか。

南部から北部まである水源を回るたびも良いかも

普通とは違う沖縄のディープな観光ができますね。

さらに先に進みます

おそらく滝はまだまだ先でしょう・・・。

え?

あれって滝!?

歩いて数分で滝についちゃいました

駐車場からそんなに歩いてないですよ(笑)

ちょっと細めですがしっかり滝です

近くで見るとなかなか迫力があります。

ヤンバルの滝を体感

山の中で滝を探すとなかなかお目にかかれません。

貴重なヤンバルの滝を観賞できるポイントです。

東屋越しにみる轟の滝

遠近法でちょっと小さく見えちゃいますね。

東屋からゆったり滝の雰囲気を楽しむのも乙ですよ。

滝が流れる岩も見どころ

オーストラリアのエアーズロックを彷彿とさせる岩山です。

窪みが目のようです

古代の巨大生物!?

すみません、冗談です。

あんな大きな一枚岩から滝が・・・

自然の壮大さを感じずにはいられません。

海外に行ったような雰囲気

このくらいまで近づけます

滝を大きく撮りたいならこちらのポイントがおすすめです。

滝の下は…

ちょっとした池っぽくなっています

沖縄特有の水生動物を観察できるかも!

ハブとかもいそうな雰囲気ですね

滅多にお目にかかれませんが、可能性はあるので気を付けましょう。

滝川から見た広場

こんなに近いんです。

轟の滝の周りは動植物であふれている!

哺乳類からは爬虫類、両生類、植物まで南西諸島特有の動植物に出会えるチャンス!

観察できる生物は時期にもよりますが、滝だけでなく周囲に目を配るのも面白いですよ。

遊歩道もあります

ちょっとした散策を楽しめるのもポイント。

ヒカゲヘゴがお出迎え

繊細な葉の形状

とても癒される色合いです。

枯れるとこんな感じ

枯れているグラデーションもなかなか綺麗です。

もちろん遊歩道も整備されています

歩きやすいので、自然をゆっくりと観察できますよ。

散策すると広場に戻ってきました

子供を遊ばせるのにちょうどいい広さです。

轟の滝の施設概要の看板

こう見ると思ってたよりは広いのかも。

入り口に窓口があります

チケットは券売機で購入できます

営業時間は9時から18時まで!

『轟の滝/轟の滝公園(名護市)』の魅力は伝わりましたでしょうか。

2017年には周辺整備がされて夜間にライトアップいるようです。

七色に浮かび上がる滝を見れるそうなので、デートにも最適ですね。

北部へ行った際にはぜひ立ち寄ってみてください!

『轟の滝/轟の滝公園(名護市)』


■住所:沖縄県名護市字数久田594番地
■お問合せ:0980-43-9299
■営業時間:9:00~18:00
■定休日:年中無休
■料金:100~200円程度
■Webサイト:https://sukutatodoroki2.wixsite.com/sukutatodoroki
■アクセス:那覇空港から車で約69分
■駐車場:あり

沖縄県名護市字数久田594番地

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-7-3

    MILANO GRILL(ミラノ・グリル)|ハイアットリージェンシー那覇の最上階でいただく創作イタリアン

    ハイアットリージェンシー那覇の最上階レストランで那覇の街並みを眺めながら、ワンランク上の創作イタリア…
  2. 2021-7-12

    那覇栄町に【骨汁屋】は骨汁がいつでも食べれる骨汁好きのための専門店だった

    骨汁(ほねじる)は、沖縄そばのスープを作るために出汁を取った豚ガラを再利用して、汁物に仕立てた料理。…
  3. 2021-5-13

    【ノボテル那覇沖縄】に泊まってみた!《プレミアラウンジ・ティータイム編》

    ノボテル(Novotel Hotels and Resorts)は、フランスに拠点を置くアコーホテル…
  4. 2019-4-29

    沖縄通のための情報サイト【ZoomOkinawa(ズ〜ムおきなわ)】

    ZoomOkinawa(ズ〜ムおきなわ)は沖縄通のための情報サイト ・沖縄には何度も遊びに来て、も…
  5. 2021-3-1

    南国感あふれるバーベキュー場『COZY BEACH CLUB(コージービーチクラブ)』

    那覇空港から車で3分のバーベキュー場『COZY BEACH CLUB(コージービーチクラブ)』 那…
  6. 2021-7-11

    【島cuisineあーすん】は沖縄の食材にこだわった隠れ家的一軒家フレンチレストランだった

    誰にも教えたくない、秘密にしておきたいお気に入りのレストランってありますよね。 今回、訪れた【…
  7. 2021-6-9

    ここは絶対行っとけ!世界遺産【座喜味城跡】は城壁からの360°の眺めが最高だった

    座喜味城(ざきみぐすく)は、築城家として名高い護佐丸(ごさまる)が、15世紀初期に築いたと言われてい…
  8. 2022-6-29

    【瀬長島】ルーフトップバーMare(マーレ)でサンセットを眺めた

    那覇空港から車で10分の瀬長島。 今回は、瀬長島ホテルの隣にあるイタリアンレストランPOSIL…

糸満の安らぐ『やど有』

カテゴリーから探す

最近の投稿

ページ上部へ戻る