古代沖縄へタイムスリップ!?やんばる国立公園内にある『大石林山(旧:金剛石林山)』

長い時を経ても変わらずに古代の環境が残っている『大石林山』へ、いざ参る

沖縄の貴重な地形や沖縄特有の動植物、神話や拝所が一堂に会する神聖な場所『大石林山(旧:金剛石林山)』へ行ってきました。
大石林山は。多くのテーマに満ち溢れた場所です。
実際に「触れて」「感じて」「体感する」ことでしか味わえない魅力があります。
あなたの知的好奇心をくすぐること間違いなし。

そんな『大石林山(旧:金剛石林山)』をご紹介していきます。

長い道のりでを得て到着!

早速チケット売り場へ向かいます!

博物館もありました

沖縄の石にまつわる博物館のようです。

今回は時間の都合で寄れませんでしたが、次回は寄ってみたい!

石の山が見えてきました!

これが大石林山!

麓からは距離があるのでバスで移動

5分くらいバスに揺られて散策エリアへ向かいます。

到着!

かわいいリュウキュウイノシシがお出迎え

うりぼうもいますね。

日付が載っているので、記念撮影におすすめです。

少し進むと案内板が・・・

どちらも方向は同じでした、笑

最初に目にしたのは「弁財天」の看板!

いわゆる弁天さまですね!

お、あったあった!

横顔ですかね?

幸運や芸術の女神といわえている七福神の一人!

良いことありそう!

夫婦岩

テレビ番組でも紹介されたスポット

たしかに寄り添っている感じが夫婦感あるかも?

近くには巨大ガジュマルが!

かなりの迫力に圧倒されます!

ガジュマルは歩くって知ってますか?

気根というものを出して移動するらしいです。

気根はガジュマルの枝から出ている根っこようの部分。

ガジュマルの気根が垂れ下がる遊歩道

これがいずれ幹のようになり、移動するのかと思うと大自然の偉大さを感じます。

歩いているだけで気持ちが洗われるようです。

少し進むと特徴的な石灰岩があちこちに

見方によってはいろいろなものに見えます

あたかも人工的に重ねられたような形

どうやったらこんな形になるのか不思議ですね。

年季を感じるガジュマル

いつまでも見ていられる魅力があります。

植物と岩

こんな岩だらけの場所で育つ植物の生命力には感服です。

古代遺跡?

インディージョーンズに出てきそうな雰囲気です。

ひぐま岩

うーん。イラストは子豚に見えてしまう…

背中にチンパンジー?

言われてみればそう見えるかも。

足元は整備されているので歩きやすおい

普通の森の中は歩きにくいですが、整備されているのでとても歩きやすいのがありがたい。

ソテツがたくさんの岩山

アマミキヨ・シネリキヨ

琉球神話に登場する神

アマミキヨは女神、シネリキヨは男神

ちなみにアマミキヨの墓は南部の南城市にあります。

赤い看板が見えてきました!

美ら海展望台コース

ここから美ら海展望台コースに入ります。

何やら傷だらけの岩

どうやったらこんな風になるのだろうか。

悟空岩

たしかに孫悟空がいそう

ソテツがいい雰囲気出してます。

恐竜の顔

たしかに恐竜の骨のような

化石といわれたら、そう思っちゃうかも。

竜神岩

たしかに龍のような気がする

ソテツの葉が増えてるので成長しているよう

ゴジラっぽいですね。

石林の壁(パワースポット)

パワーストーン

特徴的な石です。

カルサイト(カルシウムの石)

守り猫

何やら遠くに動物が!?

拡大すると。。。

岩でしたが、どうみても猫ちゃんでした。

猫好きにはたまらないシルエットです。

少し開けたところにでてました

景色が綺麗です

遠くに見えるのは辺戸岬かな

ハイ!サイ!

ハイサイ!沖縄のあいさつです!が・・・

この岩になぜこの名前が…

正直よくわかりませんでした、笑。

輪廻(りんね)生まれ変わりの石

この穴を3回通ることで
1回目は悪い過去を捨てて
2回目でリセット
3回目で新しく生まれ変われる
と説明の看板に書かれていてので3回通ってみました。

なぜか一部に色が

自然の不思議ですね。

美ら海展望台に到着!

絶景です!

左側には小高い岩が

ユタの修行ではこういった岩場に上るのだとか…

地平線も一望できます

辺戸岬も見えますねー

さてさて進みましょう!

石積み

細かい石が詰まれています

まるで賽の河原のようです。

ピカソ岩

女性が男性にキス

たしかにそう見えなくもない

悪魔岩

大石林山の神様より石にされた悪魔

どんな悪魔だったんだろうか…

てくてく進みます

まさかの猿の惑星

たしかに猿に見えなくもない

別のものに見えてしまわなくもない

烏帽子岩

自然にできたとは思えない形

まるで加工されているようです。

ライオンキング

たしかにライオンの形

今にも咆哮が聞こえてきそうです。

神話の解説看板

読むと意外と面白いのでおすすめ。

銭加那志(じんかなしい)

お金、円満、平和を表しているそう

平和が一番です。

ガジュマル・森林コース

案内板に従って進みます

細かく案内板があるので迷いません

自然に溶け込んで見逃してしまうかも?

さすがにそれはないか。

道は整備されているので歩きやすい

ソテツ群落

少し進むとソテツ群落が!

これはすごい

まさにソテツのジャングルです

ここは本当に日本なのか・・・

再びガジュマル

もはや本体がわかりません

巨大なガジュマル

ガジュマルにはキジムナーが住んでいる?

沖縄の神話に出てくる全身真っ赤の妖怪キジムナー。

ガジュマルを住処にしていると言われてる所以がわかる気がします。

新石器時代の遺物「東前(あがりめー)」

ヨーロッパのドルメン

ヨーロッパの技術が沖縄に伝わっていたんですね。

とはいえ形状からの推測なので、真相は…。

石林山内にはイルカンダもあります

時期が合えば咲いているのを見らえるかも。

ソテツ&クワズイモ

沖縄を代表する植物です。

石林山内には南西諸島特有の植物や生物あがいっぱいです!

大石林山(旧:金剛石林山)の魅力は伝わりましたでしょうか。

ぜひ北部に来た際にはお立ち寄りください。

忘れられない絶景があなたを待っていますよ。

『大石林山(旧:金剛石林山)』


■住所:沖縄県国頭郡国頭村宜名真1241
■MAPCODE: 728 675 895*56
■お問合せ:0980-41-8117
■営業時間:9:30〜16:30(17:30閉園)
■定休日:年中無休
■料金:1,200円程度
■Webサイト:https://www.sekirinzan.com/
■アクセス:那覇空港から車で約3時間
■駐車場:あり

[map]沖縄県国頭郡国頭村宜名真1241[/map]

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-6-29

    【ノボテル那覇沖縄】の《朝食編》種類も豊富で朝からお腹いっぱいになりました

    ノボテル(Novotel Hotels and Resorts)は、フランスに拠点を置くアコーホテル…
  2. 沖縄ハピネスメモリー

    2021-4-13

    『沖縄ハピネスメモリー』ドローン撮影と合成映像が最高の思い出を演出!

    ガイドブックには載っていない新感覚の旅の思い出を 旅行先で写真を撮るのは誰でもすることですが、自分…
  3. 2020-7-19

    美ら海水族館の巨大水槽を独り占めした日

    新型コロナ感染症の緊急事態宣言が解除された6月末に、美ら海水族館に久しぶりに行ってきました。 …
  4. 2021-5-25

    ANAインターコンチネンタル石垣リゾートで《極上の朝食編》その1

    今回の2泊3日の石垣島旅行 、二日目の朝。 日本の西に位置する石垣島の朝は遅い。 結構寝たなあ〜…
  5. 2021-4-29

    古代沖縄へタイムスリップ!?やんばる国立公園内にある『大石林山(旧:金剛石林山)』

    長い時を経ても変わらずに古代の環境が残っている『大石林山』へ、いざ参る 沖縄の貴重な地形や沖縄特有…
  6. 2021-5-1

    沖縄の伝統的な食文化を楽しむ!創作郷土料理が美味しい『琉球 Loo – Choo』

    那覇市泉崎の『Okinawa EXES Naha(オキナワ エグゼス ナハ)』内にある『琉球 Loo…
  7. 2021-7-12

    那覇栄町に【骨汁屋】は骨汁がいつでも食べれる骨汁好きのための専門店だった

    骨汁(ほねじる)は、沖縄そばのスープを作るために出汁を取った豚ガラを再利用して、汁物に仕立てた料理。…
  8. 2021-5-23

    ANAインターコンチネンタル石垣リゾートに泊まる

    今回の2泊3日の石垣島で旅行は夕食はホテルの外で食べることにして 朝食付きでANAインターコン…

カテゴリーから探す

Instagram

[instagram-feed]
ページ上部へ戻る