沖縄で本格十割そばが食べれる「山楽」

沖縄では数少ない日本蕎麦のお店

那覇市国際通りから入って桜坂にある十割そばダイニング「山楽」は、2017年4月20日オープン。
「ハイアットリージェンシー那覇 沖縄」の真向かいにあり、白い建物はシンプルでひときわ目を引きます。おしゃれ感がステキ!


前回はお昼時に入り満席で店内の写真は遠慮してしまい…、今回はバッチリ!
店内は明るく落ち着いていてジャズが静かに流れ、いい感じの雰囲気です。

こだわりのそば粉は蕎麦の名産地である北海道の「カムイ」を使用

メニューを開くと、つなぎを一切使わないそば粉100%で店内で製麺したこだわりの十割そばをご提供いたします。
そば粉は蕎麦の名産地である北海道の「カムイ」を使用。石臼挽きで丹念にゆっくり時間をかけて製粉されたそば粉を使った、香り高いおそばとは……。

想像すると直ぐにおそばを食べてみたくなりますが、今日はお酒と一品料理も食べてみたくてずっと楽しみにしていました。
まず飲み物は「なみなみスパークリング」 気になるのは、なみなみ……。

店員さんが運んできたグラスに目の前でスパークリングワインを注ぎ始めた。思わず「注いでいてこぼれたことはないのですか?」って聞いてしまった。
「何度も練習して、社長の前でも注いだことがあります」って。なるほど、注ぐ回数を重ね重役の前でも実践しているから度胸もすわっているし、自信が備わっているのですね!

なみなみって、どんだけーーーーー!!!!! 本当になみなみ! 口からお酒を迎えに行かないとこぼれてしまうww いやぁ、嬉しいのなんのって。酒好きにはたまりません。

一品料理は全て税込み500円、夜のみ限定

日本そば屋さんで一品料理が充実していて嬉しいところ。 順番に頼んでみたくなるけど、冷たいおつまみ2品とあたたかいおつまみ3品を頼んでみることに。


「ホタルイカの沖漬け」日本海でとれたホタルイカは鮮度バツグンで、刻みゆずがアクセントになっていて申し分なしのおいしさ!

「函館真蛸と山葵昆布」蛸が新鮮でぷりっぷり。刻み山葵と昆布の粘り気のバランスが絶妙でクセになるおいしさ。次回また食べたいリスト入り!

「揚げだし豆腐」ほわほわ~の揚げ豆腐にだし汁に浸かっていて、申し分なしのお味。また食べたくなる一品。

「鶏からあげ生姜風味」カリカリに揚がったからあげは、生姜の風味が効いていて何個でもいけちゃうおいしさ。

大判かき揚げ
お店こだわりの一つ、天ぷらはさくさくで絶品! こんな軽いさくさくの天ぷらは今まで食べたことがない。2度目の訪店でリピート注文、やっぱり癖になるおいしさ!

〆に、京鴨南蛮そば。打ちたての日本蕎麦は、上品でコシがあってしっかりした歯ごたえ。そばつゆは甘過ぎず鴨のだしが出ていてコクがあり、最後まで飲み干してしまいそう。

以前『マツコの知らない世界』で、蕎麦を365日食べる蕎麦好きで有名なDEENのボーカル池森さんが、全国の蕎麦を食べ歩いてコレは!!と思った蕎麦を紹介していたお店。

飲み物は、日本全国から厳選された日本酒、焼酎を揃えていて、常時十種類以上ある日本酒は希少な銘柄があり日本酒好きにはたまらない。
お値段もそれほど高くなく、お料理、雰囲気、店員さんの感じが良く、「ハイアットリージェンシー那覇 沖縄」の姉妹店だけあり大満足でした。
蕎麦だけでも良いですが、大人の蕎麦屋飲みにでかけてみてはいかが?

【十割そば 山楽(さんらく)

住所:沖縄県那覇市牧志3-6-34
電話:098-987-6033
定休日:年中無休
営業時間:11:30~15:30(L.O.15:00)、17:00~21:30(L.O.21:00)
駐車場:有(ハイアットリージェンシー那覇沖縄の駐車場をご利用下さい)

沖縄県那覇市牧志3-6-34 十割そば 山楽

 

 

zoom-Keiko

zoom-Keikoフォトライター

投稿者プロフィール

プロフィール
桃井惠子/フォトライター

東京都渋谷区生まれ。東京のIT企業に10年勤務後退社。
2014年11月沖縄に移住し、趣味のアマチュアダイバーからプロダイバーに転向。現在は、アンダーウォーターフォトグラファーとして、沖縄の海と空を背景に世界にひとつだけのメモリアルムービーを制作するジェイケーウェーブで活動中。

沖縄の自然や文化、パワースポット、グルメ、Deepな場所など、紹介させていただきます。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2019-6-24

    宮古島で鍾乳洞探検!パンプキンホールの神秘に触れる冒険ツアー

    沖縄本島から飛行機で50分の宮古島の海は、世界中からダイバーが訪れるほど透明度が半端なくてキレイで、…
  2. 2018-5-5

    老舗リゾートの万座ビーチホテルに泊まる

    恩納村にある老舗のリゾートホテルといえば、ANAインターコンチネンタル万座ビーチホテルですが、プライ…
  3. 2019-3-18

    世界遺産『中城城跡』は絶対に外せない観光スポットだった!

    中城城跡(なかぐすくじょうあと)は、沖縄県中頭郡北中城村・中城村に存在した日本の城。15世紀の琉球王…
  4. 2019-1-27

    海の見えるステーキレストラン『ふりっぱー』(名護)

    名護の『ふりっぱー』は地元民も通う老舗ステーキレストラン 沖縄と言えばステーキ!ですよね。 那覇…
  5. 沖縄そば処久米島【やん小】「味噌もやしそば」

    2018-1-27

    久米島の沖縄そば処【やん小】看板メニューの「味噌もやしそば」

    久米島(くめじま)は、沖縄本島から西に約100km、人口は1万人弱の沖縄諸島に属する最も西に位置する…
  6. 2020-7-19

    美ら海水族館の巨大水槽を独り占めした日

    新型コロナ感染症の緊急事態宣言が解除された6月末に、美ら海水族館に久しぶりに行ってきました。 この…
  7. 2018-10-18

    慶良間諸島スキューバダイビングでウミガメと遊ぶ

    ウミガメと遊べる慶良間のダイビングスポット ダイビングスポットとして沖縄で絶対に行って欲しいのが慶…
  8. 2019-6-28

    世界中のリゾートで開催されている夏フェス☆コロナSUNSETS FESTIVAL

    毎年、糸満市の美らSUNビーチで開催開催されているリゾートフェス「Corona SUNSETS FE…

アーカイブ

ページ上部へ戻る