カニマン御嶽遺跡散布地(小禄グスク)は拝所や古墓が点在する不思議な場所だった

ゆいレール『奥武山町公園駅』から、徒歩で10分程度の、小高い丘の上にある小禄グスクは、現在は森口公園として整備されています。

正式名称は、カニマン御嶽(うたき)遺跡散布地と呼ばれ、古くから神聖な場所とされてきました。

伝承では、中山王「察度王」の弟「泰期金満按司」が城主として伝わっています。城壁は明治時代に崩されてその遺構を見る事は出来ません

カニマン(金満)御嶽には、静かな森の中に拝所や古墓が集まって、高台にある小禄ノ殿では現在も5月ウマチー(稲穂祭)6月ウマチー(稲大祭)などの行事が行われています。

車で行くならカーナビで森口公園で案内してもらわないと、多分たどり着けないかもしれません。

車が1台やっと通れるくらいの細くて急な坂道を登ったところに、森口公園の入り口があります。
この日は、夕方に行ったのですが、車止めが設置されていて、これ以上は入れないので左手にある駐車場に車を停めました。
駐車場からすぐの階段を登ると

急に開けた野原みたいな広場に到着。

祠や古いお墓が点在しています。

パノラマで撮った写真がコチラ。

一番目立つ赤瓦屋根の立派な祠(ほこら)の『殿(トゥン)』と呼ばれる拝所。

祠の中にはシャコガイが安置されていました。
赤瓦屋根の祠の斜め前方にある『崎山ニーガン』と呼ばれる拝所

『東門門中』の拝所
この他にも広場の周りには小さな拝所がいくつも点在しています。
広場の柵沿いに歩いて行くと1カ所開けたところがあって、眼下に小禄地区の街並みが見えます。

広場の奥から撮った1枚。
広場をあとにして、階段を下りていくと、すぐ右側に小道があって、”カー(井戸跡)”がありました。
『クサイガー(西)』と称される井戸跡の拝所で、1963年1月施工と書いてありました。さらに進むと深い森の入り口があって、階段の横には『一礼して入場しましょう』の看板が立っています。
ここがグスクの入り口だそうです。
一礼して森の中に入っていくと

ここにも小さな拝所があって、『アミタボーリガー』の石碑があります。
アミタボーリは『雨を下さい』、ガーは『井戸』と言う意味だそうです。
さらに森の奥に足を進めると、ここからは森の木や石灰岩と一体になった大きな拝所がいくつも点在しています。

ウナジキバと書かれた拝所この拝所は大木と石灰岩が一体になっています。

石灰岩小丘陵への階段と、その右手には金満ミテンの拝所があります。

階段を登っていくと
石灰岩小丘陵の頂上には、ウトゥーシ所と書かれた石碑があります。
ここが小禄城の最頂点っぽいですが、周りは森の木々に囲まれてこんな感じです。
何か不思議な場所ですね。


カニマン御嶽遺跡散布地(小禄グスク)は、いかがでした?

今は森口公園と呼ばれていますが、どこからどこまでが公園なのかもわかりませんが、
トイレもあるし
駐車場もあるので、観光地化はされてませんが、割と気楽に来られますね。

メジャーな場所ではありませんが、沖縄の深い歴史を感じる場所でしたよ。

カニマン御嶽遺跡散布地(森口公園)


・住所:沖縄県那覇市小禄81
・営業時間/特になし
・駐車場:あり
・料金:無料
・アクセス:ゆいレール奥武山駅から徒歩約10分

沖縄県那覇市小禄81

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-7-19

    美ら海水族館の巨大水槽を独り占めした日

    新型コロナ感染症の緊急事態宣言が解除された6月末に、美ら海水族館に久しぶりに行ってきました。 …
  2. 2020-8-20

    沖縄西海岸の海を一望できる『レクー沖縄北谷スパ&リゾート』プール&温泉編

    沖縄西海岸の海を見ながらプールや温泉が楽しめる『レクー沖縄北谷スパ&リゾート』に行ってきました! …
  3. 2021-4-16

    ハイアットリージェンシー那覇のクラブフロアに泊まってみた

    ラグジュアリーホテル『ハイアットリージェンシー那覇』の最上階の専用ラウンジが利用できるクラブフロアの…
  4. 2021-6-20

    ブッフェダイニング【sakurazaka】の週末限定スパークリングワインを含む飲み放題が付いた豪華ランチブッフェ

    ラグジュアリーホテル『ハイアットリージェンシー那覇』の2階にあるブッフェダイニング【sakuraza…
  5. 2021-6-29

    【ノボテル那覇沖縄】の《朝食編》種類も豊富で朝からお腹いっぱいになりました

    ノボテル(Novotel Hotels and Resorts)は、フランスに拠点を置くアコーホテル…
  6. 2021-5-26

    宮古島で鍾乳洞探検!パンプキンホールの神秘に触れる冒険ツアー

    沖縄本島から飛行機で50分の宮古島の海は、世界中からダイバーが訪れるほど透明度が半端なくてキレイで、…
  7. 2021-5-13

    【ノボテル那覇沖縄】に泊まってみた!《プレミアラウンジ・ティータイム編》

    ノボテル(Novotel Hotels and Resorts)は、フランスに拠点を置くアコーホテル…
  8. 2021-6-18

    残波岬の灯台に登ったみたらビックリするほどの絶景だった

    残波岬灯台(ざんぱみさきとうだい)は、沖縄県中頭郡読谷村の残波岬突端に立つ大型の灯台。 全国に…

カテゴリーから探す

最近の投稿

ページ上部へ戻る