名護の『ネオパークオキナワ』はパラダイスだった

名護市にある『ネオパークオキナワ』の園内の広大なフライングケージでは、鳥類が放し飼いにて飼育されていています。

大型の鳥がケージ内を自由に飛び回っていて、亜熱帯な雰囲気です。


パーク内はこんな感じで結構広くて見所満載

入り口で入場券を買いますが、入場料金は
大人900円 小人(4才~小学生)500
ですが、
沖縄軽便鉄道(乗車時間;始発 10:00 / 最終 17:00)も買っておくのをお勧めします。
乗車料:大人(中学生以上) 660円 / 小人(4才~小学生) 440円。

あっ!JAF会員の方は会員証を提示すると割引料金で入場できますよ。

あと、マストアイテムとして買っておきたのが

とりのえさ(200円)

これがあると結構楽しめるので、入り口で買っておいてください。

中に入ると、とり!トリ!鳥!

こんな鳥今まで見たこともない!ホオジロカンムリツル

色がキレイなフラミンゴ

パーク内の順路にあるソーセージの木の実。でも、食べられません。

パーク内には鳥だけじゃなくいろんな動物がいます。

沖縄軽便鉄道の乗車時間になったので「名護駅」に集合!
出発時刻は10時〜17時までの各時刻の00分と30分の2回。
ってことは、17時が最終出発時刻ってことね。

切符を切ってもらって改札を通って

プラットフォームに入るとレトロな小さめの蒸気機関車があります。

運転席計器がカッコイイ!

運転席からの眺め

改札のすぐ横に駅員のコスチュームがハンガーにかけられていて、これを着て記念撮影w
妙にハマってるので、一同爆笑!!

そうこうしているうちに出発進行!

列車は園内を20分でパーク内を一周します。

池の上を渡る鉄橋では、停止して橋の下いる鳥達に『とりのえさ』をばら撒いて楽しめます

途中途中で車窓から、今まで見たこともないようなキレイな鳥が!

いつの間にかどこか知らない国をのんびり旅行しているような気分になれます。

沖縄軽便鉄道でパーク内を一周した後は、歩いていろんな動物を観ました。
↓その様子は動画でどうぞ!

 

ちっこくてカワユス


いかがでした?
『ネオパークオキナワ』は派手さはないけど、広大な土地に多様な動物がいて、いろんな意味でパラダイスでした。
あと、チピっ子のための小ちゃい遊園地みたいなところも、パラダイス感満載なので、是非、利用してみてくださいね!

『ネオパークオキナワ


住所:沖縄県名護市名護4607−41
■お問合せ:0980-52-6348
■開園時間:9:00〜17:30 最終入場17:00
■休園日:年中無休
■入園料:大人900円・小人500円(4才〜小学生)
■Webサイト:https://www.neopark.co.jp
駐車場:無料駐車場あり

沖縄県名護市名護4607−41

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-7-5

    おしゃれで美味しい【ピパーチキッチン】は地元民だけじゃなく沖縄旅行者も行きたいお店だった

    『”ちゃんとした”ご飯が食べたいなあ』と思った時に、すぐに頭に浮かぶのが、 那覇・西町にあるカフェ…
  2. 2021-5-25

    ANAインターコンチネンタル石垣リゾートで《極上の朝食編》その1

    今回の2泊3日の石垣島旅行 、二日目の朝。 日本の西に位置する石垣島の朝は遅い。 結構寝たなあ〜…
  3. 2021-6-22

    【真栄田岬 青の洞窟ダイビング】海はとてつもなく透明で洞窟は幻想的なブルーだった

    真栄田岬(まえだみさき)は沖縄本島北部の恩納村にあるダイビングとシュノーケルのスポットで、週末にな…
  4. 2021-5-12

    フォアグラとステーキでこの値段!『セブンステーキ』は激うまだった!

    リニューアルオープンで昼ラーメン 夜営業はステーキ屋の『セブンステーキ』 先日取材に行った鯛出汁…
  5. 2021-5-4

    慶良間諸島スキューバダイビングでウミガメと遊ぶ

    ウミガメと遊べる慶良間のダイビングスポット ダイビングスポットとして沖縄で絶対に行って欲しいのが慶…
  6. 2020-8-20

    沖縄西海岸の海を一望できる『レクー沖縄北谷スパ&リゾート』プール&温泉編

    沖縄西海岸の海を見ながらプールや温泉が楽しめる『レクー沖縄北谷スパ&リゾート』に行ってきました! …
  7. 2021-6-13

    【ノボテル那覇沖縄】の《プレミアラウンジ・カクテルタイム編》

    ノボテル(Novotel Hotels and Resorts)は、フランスに拠点を置くアコーホテル…
  8. 2021-7-12

    那覇栄町に【骨汁屋】は骨汁がいつでも食べれる骨汁好きのための専門店だった

    骨汁(ほねじる)は、沖縄そばのスープを作るために出汁を取った豚ガラを再利用して、汁物に仕立てた料理。…

最近の投稿

カテゴリーから探す

ページ上部へ戻る