空港から5分の【なかざ家】はリニューアルして濃厚豚骨沖縄そばのお店になっていた

【なかざ家】は空港から5分の場所にあって、沖縄産業支援センターと那覇西高校の間くらいにあるお店。

もっとわかりやすくいうと那覇消防局西小禄出張所の
まん前にある沖縄そばのお店。
実はこのお店、かつての職場が近かったことから、5年間ほぼ毎日のようにワンコインのランチを食べに通った思い出の深いお店なんです。

でも、最近『たまには昔ながらの食堂で定食を食べたいなあ』と思って【なかざ家】に行ったら、リニューアルして沖縄そば屋になっているじゃありませんか!

昔の【なかざ家】はこんな感じでしたが(ビフォー)
今はすっかりおしゃれな感じになっていてビックリ!(アフター)
今回は久しぶりに訪れた【なかざ家】の沖縄そばを食べたいと思います。


入り口を入って驚いたのは、前とは全く違う内装。

でも、入り口付近のテーブルには昔と同じお弁当を販売していました。
さらに食券を求めてレジに行くと(昔は食券を買っていた)、テーブルに案内されました。

冷たいさんぴん茶が嬉しいです。
『なるほど〜。テーブルでオーダーする方式に変わったんだね』とメニューを見てます。

本当に沖縄そばしかないんだ!リニューアル前の【なかざ家】は『Aランチ、チャンプルー定食各種、黄色い沖縄のカレーなど、ど定番のメニューがこれでもか!とある食堂だったなあ』
と感慨深くメニューを見ていました。
そばの他には『数量限定の絶品!ほぐしソーキ丼』もあります。
どうしようかなあと迷って、入り口に貼ってあった日替わり定食があるかどうかを聞いてみると、すでに売り切れで、今回は「野菜そば」の小をチョイス。

『ほぐしソーキ丼』も食べてみたかったので、小さいサイズにできないか交渉してみるとOK!

なやざ家は、昔はワンコインの定食でも、デフォルトがご飯大盛りで、無料のご飯大盛りで注文すると、マンガみたいな山盛り飯がきたので、今回は用心して両方とも小サイズを注文しました。

それにしても、店内は昔の食堂の雰囲気から一変。
テーブル席や畳の座敷席、

カウンター席もあります。

とか、言っている間にきました!
『ほぐしソーキ丼』小サイズ(左)と『野菜そば』の小サイズ(右)。

やっぱり、予想通り、両方とも小サイズですが、他の店の普通の量ですw

『野菜そば』はキャベツ、人参、玉ねぎ、にら、モヤシの野菜がてんこ盛りw

『ほぐしソーキ丼』の方も、ほぐしたソーキてんこ盛りの上に卵の黄味がちょこんと乗っています。

まずはそばのスープから。

白濁した豚骨出汁のスープですが、3種の部位を長時間かけてじっくり抽出した、濃厚だけど臭みが全くない甘味と旨味のあるスープ。

塩味で見た目とは裏腹にアッサリした、野菜の旨味が合わさってうまい!!

麺はなかざ家オリジナルの中太麺で割とツルッとした食感で麺で出汁によくあう!
『ほぐしソーキ丼』は黄味を割って、ソーキとまぶしていただきます。

トロトロに煮込まれたソーキと卵の黄味が相まって濃厚なお味。なるほど〜こう来たか!これも美味!!

などと「孤独のグルメ」風に頭の中で1人実況をしていると、

『よかったら自家製生姜もどうぞ』と持ってきてくれたのがこれ!

大抵の沖縄そば屋は、業務用の紅生姜がテーブルに置いてあるけど、
さすがなかざ家!無添加の自家製生姜を取って
そばの上にちょこんとおきます。

『ほぐしソーキ丼』にも、自家製生姜をのっけてっと。
濃厚なソーキの箸休め的ないい仕事をするなあ。
途中でそばの味変をしたくなったらコイツの登場です。これもなかざ家自家製の『豚グース』と書いて<トングース>。

豚グースは、なかざ家がオリジナルで出している調味料で、
豚肉をコーレグースや一味、他様々な調味料で煮詰めて仕上げたものです。

つまり、コーレグースと同じで超辛いので入れるときは少しづつ味見しながら入れてください。
食べながら気が付いたんですが、丼もなかざ家のオリジナルじゃないっすか!

結構なボリュームでしたが完食!

最後に、リニューアル前に通っていた時に写真に撮っていた、昔ながらの『ザ・沖縄食堂』時代の食券をアーカイブとしてアップしておきます。

なかざ家は、席に着く前にレジで注文するとこんな食券を渡されたのですが、

食券の裏には、偉人の名言や
タレントや有名人の発言、

漫画のセリフなど
時には心にグサッと刺さり、時にはじんわり心に沁みる言葉が手書きで書いてありました。

5年間、毎日ランチを食べに来ていましたが、仕事でヘトヘトな時や
『もうやってらんねー!!』と怒っていた時も、

この食券の裏に書かれていた一言に癒されたり、
勇気が出てきたり、救われたような気持ちになったことは何度もありました。

そして、素朴だけど、美味いメシをガッツリ食べるといつの間にか

『さあ!もうひとガンバリやったるでー!!』と

元気になったのを覚えています。

そんな今では貴重な食券の裏に見慣れない名前の人の名言が!
ん??仲座美江子??
もしや、いつもお店にいる、なかざ家のオーナーの名言じゃないっすか!!

これも、心に沁みるわ〜〜。


リニューアルしたなかざ家はいかがでした?

帰り際、お会計の時になかざ家のオーナーとちょっと話をしたら、
やっぱり新型コロナの影響でお客さんが以前より少ないと言っていましたが、
新型コロナが収束したら、また、前のように定食メニューも増やしていきたいとのこと。

また、あの定食が食べれるのが今から楽しみ!

ちなみにレジのところでおみやげに、豚グースーや
なかざ家自家製のサーターアンダーギーも売っています。おひとつ、いかがですか?

濃厚豚骨沖縄そばのなかざ家


■住所:沖縄県那覇市金城3丁目7−1
■電話:098-859-0214
■営業時間:10:00~15:00(当面の間は11:00〜)、ただし弁当の販売は6:00〜
■WEBサイト:https://www.nakazaya.co.jp
■定休日:不定休
■駐車場:なし

沖縄県那覇市金城3丁目7−1

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-6-20

    ブッフェダイニング【sakurazaka】の週末限定スパークリングワインを含む飲み放題が付いた豪華ランチブッフェ

    ラグジュアリーホテル『ハイアットリージェンシー那覇』の2階にあるブッフェダイニング【sakuraza…
  2. 2021-6-29

    【ノボテル那覇沖縄】の《朝食編》種類も豊富で朝からお腹いっぱいになりました

    ノボテル(Novotel Hotels and Resorts)は、フランスに拠点を置くアコーホテル…
  3. 2021-6-18

    残波岬の灯台に登ったみたらビックリするほどの絶景だった

    残波岬灯台(ざんぱみさきとうだい)は、沖縄県中頭郡読谷村の残波岬突端に立つ大型の灯台。 全国に…
  4. 2019-6-28

    世界中のリゾートで開催されている夏フェス☆コロナSUNSETS FESTIVAL

    毎年、糸満市の美らSUNビーチで開催開催されているリゾートフェス「Corona SUNSETS FE…
  5. 2021-6-3

    ハイアットリージェンシー那覇《朝食編》

    おはようー! 昨夜はラグジュアリーホテル『ハイアットリージェンシー那覇』に泊まって これから…
  6. 2021-6-9

    ここは絶対行っとけ!世界遺産【座喜味城跡】は城壁からの360°の眺めが最高だった

    座喜味城(ざきみぐすく)は、築城家として名高い護佐丸(ごさまる)が、15世紀初期に築いたと言われてい…
  7. 2021-7-5

    おしゃれで美味しい【ピパーチキッチン】は地元民だけじゃなく沖縄旅行者も行きたいお店だった

    『”ちゃんとした”ご飯が食べたいなあ』と思った時に、すぐに頭に浮かぶのが、 那覇・西町にあるカフェ…
  8. 2021-5-15

    シティリゾート【ノボテル那覇沖縄】で贅沢なひと時を《プール編》

    角丸ボタン-S ノボテル(Novotel Hotels and Resorts)は、フランスに…

最近の投稿

カテゴリーから探す

ページ上部へ戻る