南インド料理「マリアラム (Malayalam)」(那覇・松尾)の「ミールス」

那覇 浮島通りから少し入ったところにある南インド料理「マリアラム (Malayalam)」。

南インドのベジタリアンミールスを提供するお店です。

ミールスとは、主に南インドで供される、米を主食とした、複数のカレーや副菜を伴った定食のことで、「マリアラム (Malayalam)」のミールスは野菜たっぷりで本格的で気合いの入った料理です。

お店の場所は、那覇市の中心部、国際通りを一本裏路地の浮島通りから、さらに住宅街に入った、マンション・グリーンハイツ那覇の1階部分にあります。

通りから見えるのでわかりやすいのですが、浮島通りが一方通行なので、車で来るとちょっと迷うかもしれません。

こじんまりとしたお店でガラス張りでお店の中が見えて初めてでも入りやすいですね。
では、さっそく店内に入ってみましょう!

来店したのは平日の午後3時半過ぎでしたが、ランチタイムが終わってお客さんは誰もいませんでした。
開放感のある店内

カウンター席もあって、お一人様でも気軽に利用できそう。

私はカレーは必ず週一で食べるほどのカレー好きですが、南インド料理はおそらく初チャレンジです。

今回は15時過ぎの来たのでランチは終わってました。残念!
ランチタイムは10時〜15時で、ランチミールスA,B,Cがあります。

13時〜20時まではディナーメニューでミールスA,Bがあります。
カレー4種のミールスBをオーダー。

窓際のテーブルから見える景色はこんな感じ。

待つこと15分。
カレー4種のミールスBが来た〜!!

マリアラム (Malayalam)のミールスは、”アーユルヴェーダ発祥の地、南インドアシュラム(寺院)の精進料理とケララの家庭の味をベースに、ヴィーガンとグルテンフリーを取り入れ、自然栽培野菜やオーガニック野菜、減農薬野菜などこだわりの野菜と良質な厳選食材を贅沢に使った料理です。

一皿一皿、説明をしてもらいましたが、当然、覚えきれなかったのですが、おぼろげな記憶でなんとか解説しますね。

まず、カレーですが、どれもそれほどの辛さはなくて、サラサラスープのようなカレーです。
これは豆カレー

このカレーは何だか忘れましたwこれもサラサラであっさり

こちらはナスのカレー

これがトマトのカレー

これはスープだったような・・・

次に野菜とか副菜のおかずプレートを紹介すると、
左がヨーグルトの冷たいスープ的なやつで、右が人参シリシリみたいなやつね。

これは生野菜のピーマン、キューリ、にんじんとかのプレート
これはサツマイモ

これは小松菜だったかな
これが揚げ物のプレート

まずは豆のカレーを食べてみる。全然辛くない。素朴な味わい。
次にカレーとご飯を食べてみる。インドのカレーはインド米に限るね。
次にオカズのコーンの天ぷら。
マリアラム (Malayalam)はグルテンフリーで小麦粉の代わりに、米や豆の粉を使っているらしい。この天ぷらみたいなのも、もちろんグルテンフリーなんだね。
自然栽培の野菜にこだわっているだけあって、野菜は全部美味しい!!
そろそろ、ご飯の上に乗っているパリパリの煎餅みたいなヤツを割って、ご飯やカレーや野菜と混ぜて食べてよう。

カレーの中でナスのカレーが一番好みに合って美味しかった。

いろんな味が楽しめてグッド!

夢中になって食べてあっという間に平らげました!

食後にデザート的のも食べたかったのですが、さすがにお腹がいっぱいで、マサラ・ソイ・チャイをオーダーしました。

おおー、サイズもかわいいですね。

マサラ・ソイ・チャイはインド産の紅茶に有機豆乳とホールスパイス(カルモダン、シナモン、生姜など)と黒糖で一杯ずつ手作りしているそうで、体に優しい味でした。

黒糖のコクと上品な甘さとスパイスや生姜の刺激が絶妙な一杯でした。

リピート必須のお店ですね。

帰りのお会計の時にカウンター奥に並べてあるスパイスの棚の写真を撮らせていただきました。
お会計が済んで、スイートフェンネルもらいました。

ほんのり甘くてバーブの香りが心地いい。

ホント、「マリアラム (Malayalam)」のミールスは健康的で元気になる料理でした!

マリアラム (Malayalam


■住所:沖縄県那覇市松尾2-19-39 グリーンハイツ那覇 1F
■お問合せ:098-800-1909
■営業時間/ ランチ:10:00~15:00
ディナー:15:00~20:00
■定休日:火曜日、水曜日、木曜日
■駐車場:なし
■Webサイト:https://malayalam-okinawa.business.site

沖縄県那覇市松尾2-19-39 グリーンハイツ那覇 1F

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-6-20

    ブッフェダイニング【sakurazaka】の週末限定スパークリングワインを含む飲み放題が付いた豪華ランチブッフェ

    ラグジュアリーホテル『ハイアットリージェンシー那覇』の2階にあるブッフェダイニング【sakuraza…
  2. 2021-5-13

    【ノボテル那覇沖縄】に泊まってみた!《プレミアラウンジ・ティータイム編》

    ノボテル(Novotel Hotels and Resorts)は、フランスに拠点を置くアコーホテル…
  3. 2022-8-18

    小禄の隠れ家レストラン《あーすん》のディナーコースは驚きの連続だった

    小禄の閑静な住宅にある 一軒家レストラン 【島cuisineあーすん】の 季節のディナーコース…
  4. 2018-5-5

    老舗リゾートの【万座ビーチホテル】パーシャルオーシャンビューの部屋に泊まる

    恩納村にある老舗のリゾートホテルといえば、ANAインターコンチネンタル万座ビーチホテルですが、プライ…
  5. 2021-5-27

    ANAインターコンチネンタル石垣リゾートで極上の朝食・その2《和食編》

    今回の2泊3日の石垣島旅行 、3日目の朝。 昨夜は晴れていたのでホテルの目の前のマエサトビーチ…
  6. 沖縄ハピネスメモリー

    2021-4-13

    『沖縄ハピネスメモリー』ドローン撮影と合成映像が最高の思い出を演出!

    ガイドブックには載っていない新感覚の旅の思い出を 旅行先で写真を撮るのは誰でもすることですが、自分…
  7. 2021-3-1

    南国感あふれるバーベキュー場『COZY BEACH CLUB(コージービーチクラブ)』

    那覇空港から車で3分のバーベキュー場『COZY BEACH CLUB(コージービーチクラブ)』 那…
  8. 2021-6-18

    残波岬の灯台に登ったみたらビックリするほどの絶景だった

    残波岬灯台(ざんぱみさきとうだい)は、沖縄県中頭郡読谷村の残波岬突端に立つ大型の灯台。 全国に…

糸満の安らぐ『やど有』

カテゴリーから探す

最近の投稿

ページ上部へ戻る