沖縄の伝統的な食文化を楽しむ!創作郷土料理が美味しい『琉球 Loo – Choo』

那覇市泉崎の『Okinawa EXES Naha(オキナワ エグゼス ナハ)』内にある『琉球 Loo – Choo』

琉球王国の華やかな時代に思いを馳せて記憶と歴史を再現した料理を提供してくれます。

そもそも琉球料理とは、沖縄が琉球王国時代に外国からの賓客を『おもてなし』するために振る舞われた料理です。

調理長は沖縄で24人しかいない「琉球料理伝承人」として活動している実力の持ち主。

「とっておきな料理」を「とっておきの空間」で楽しめるのが『琉球 Loo – Choo』の魅力。

そんな『琉球 Loo – Choo』をご紹介します。

まずはビールで乾杯

プレミアムモルツは最高ですね!

お品書き

本日のコース料理です。

どんな料理が出てくるか楽しみ!

最初の料理が出てきました!

ツルムラサキと茸の白和え

ツルムラサキは沖縄でよく食べられている野菜です。

ビタミン類が豊富に含まれているので、とても体に良い野菜ですよ。

ゴーヤチャンプルー

沖縄料理の代表格ですね。

琉球前菜盛り合わせ

大きな器に前菜が盛り付けられています。

東道盆(とぅんだーぶん)というらしい

全く読めませんでした、笑。

琉球宮廷料理と深いかかわりがあるようです。

花いか

甲イカ(クブシミ)のみに細工をして花のように染めた料理。

とても以下の切り身とはわからない美しさです。

ミヌダル

豚ロースに黒ゴマのタレを縫って蒸したものです。

方言で「黒肉’(クロジシ)」と呼ばれているらしい。

ターンムから揚げ(田芋から揚げ)

田芋を使った大学芋のような感じ。

子孫繁栄の食材として重宝されていたらしい。

グンボーマチ(ごぼう巻き)とクーブマチ(昆布巻き)

グンボーマチは豚肉で牛蒡(ごぼう)をまいた料理です。

豚肉と牛蒡のコラボレーションがたまりません。

クーブマチは昆布で魚をまいた料理。

こちらも昆布の旨味がたまりません。

からし菜カマボコとシシカマボコ(豚肉カマボコ)

通常のカマボコにからし菜や豚肉を合わせて作ったもの。

滅多にお目にかかれない高級カマボコです。

それぞれを盛り付けるとこんな感じです

お造り3種盛り酢味噌添え

新鮮なお刺身を酢味噌でいただきます。

マグロ、青物、タコ

お好みでレモンをかけましょう。

新鮮で身がプリプリしています

添えられている野菜にもこだわりを感じます

 

島豚ソーキ酢煮込みと野菜の炊き合わせ

県産車海老とセイイカの沖縄天ぷらドラゴンチリソース添え

フワッとした衣が特徴の沖縄天ぷら。

ドラゴンフルーツの入ったドラゴンチリソース

まろやかな甘辛さがたまりません。

国産和牛の粟国塩と島胡椒炒め雀巣盛り

秋刀魚(さんま)と菊花の鮎巻きとつぶ貝の酢の物

やんばる地鶏炊き込み御飯サンニン葉(月桃の葉)包み

月桃独特の香りがクセになります

フカヒレと中身(モツ)のお吸い物

フカヒレと中身汁のコラボレーション、

かなりの贅沢です。

琉球菓子とフルーツ

フルーツはスターフルーツと呼ばれる南国の果物。

さっぱりとした酸味のあるリンゴのような食感ですね。

日本酒メニュー

せっかくなので日本酒も注文

伯楽星をチョイス

究極の食中酒をコンセプトに造られた日本酒です。

ほのかなバナナの香りが特徴的。

ワイングラスに注いでくれます

爽やかなキレで飲みやすい

いつの間にか2~3杯と進みそうな味わいです。

お店の入り口のフロント

外にはプールも

さすがは隠れ家的リゾートホテルです。

店内は完全個室

通路の壁には書道の作品が飾られています

完全個室なのでゆったりとした時間が過ごせます

厨房のカウンターはこんな感じ

琉球の調度品も多数ありました

琉球漆器

とても美しく輝いています

綺麗な朱色がたまりません

装飾も綺麗

もったいなくて使えませんね…

力強く書かれた首里城

『琉球 Loo – Choo』の魅力は伝わりましたでしょうか。

ぜひ那覇市泉崎付近でディナーを予定しているなら、前日までに予約して行ってみてください。

沖縄の歴史を感じられる料理を堪能できますよ。

『琉球 Loo – Choo』


■住所:沖縄県那覇市泉崎1-11-5
■お問合せ:098-860-3300(代表)
■営業時間:ランチ 11:30~15:00(L.O 14:30) 最終入店 13:30
※前日18:00までの完全予約制
ディナー 17:00~22:00(L.O 22:00) 最終入店 21:00
※前日21:00までの完全予約制
■定休日:月曜日
■料金:ランチ:¥3,500~(税別)
ディナー:¥10,000~(税別)
■座席数:13室個室(4名×10室、6名×2室、10名×1室)
■Webサイト:https://exes-naha.jp/restaurant/loochoo.php#dinner
■アクセス:https://exes-naha.jp/access/
■駐車場:立体駐車場

沖縄県那覇市泉崎1-11-5

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-7-12

    那覇栄町に【骨汁屋】は骨汁がいつでも食べれる骨汁好きのための専門店だった

    骨汁(ほねじる)は、沖縄そばのスープを作るために出汁を取った豚ガラを再利用して、汁物に仕立てた料理。…
  2. 2021-7-6

    【JK-WAVE】ドローン撮影で大切な想い出を『ハピネスメモリームービー』に残す

    バカンスで旅行に行った時に、観光地で写真やムービーをたくさん撮ったのに、自宅に戻って写真を見返すと『…
  3. 2020-7-19

    美ら海水族館の巨大水槽を独り占めした日

    新型コロナ感染症の緊急事態宣言が解除された6月末に、美ら海水族館に久しぶりに行ってきました。 …
  4. 2021-3-1

    南国感あふれるバーベキュー場『COZY BEACH CLUB(コージービーチクラブ)』

    那覇空港から車で3分のバーベキュー場『COZY BEACH CLUB(コージービーチクラブ)』 那…
  5. 2020-8-20

    沖縄西海岸の海を一望できる『レクー沖縄北谷スパ&リゾート』プール&温泉編

    沖縄西海岸の海を見ながらプールや温泉が楽しめる『レクー沖縄北谷スパ&リゾート』に行ってきました! …
  6. 2021-4-29

    古代沖縄へタイムスリップ!?やんばる国立公園内にある『大石林山(旧:金剛石林山)』

    長い時を経ても変わらずに古代の環境が残っている『大石林山』へ、いざ参る 沖縄の貴重な地形や沖縄特有…
  7. 2021-5-4

    慶良間諸島スキューバダイビングでウミガメと遊ぶ

    ウミガメと遊べる慶良間のダイビングスポット ダイビングスポットとして沖縄で絶対に行って欲しいのが慶…
  8. 2019-4-29

    沖縄通のための情報サイト【ZoomOkinawa(ズ〜ムおきなわ)】

    ZoomOkinawa(ズ〜ムおきなわ)は沖縄通のための情報サイト ・沖縄には何度も遊びに来て、も…

最近の投稿

カテゴリーから探す

ページ上部へ戻る