那覇栄町に【骨汁屋】は骨汁がいつでも食べれる骨汁好きのための専門店だった

骨汁(ほねじる)は、沖縄そばのスープを作るために出汁を取った豚ガラを再利用して、汁物に仕立てた料理。
沖縄そば屋では1日限定数食とか、限定的に提供されています。

そのため、他県の観光客にはあまり知られていなく、B級感が強くて沖縄料理の中でもマイナーで料理です。

しかし、見た目のダイナミックさとは裏腹に、骨汁は食べるとホッとするやさしい味の沖縄のソウルフード。

そんなレアなローカルフードの骨汁がいつでも食べられる骨汁専門店ができたというウワサを聞きつけ取材に行ってきました!

栄町市場にひっそりと開いていた
骨汁専門店【骨汁屋】

やって来たのはゆいレール安里駅。
ここから【骨汁屋】がある栄町市場に向かいます。
安里駅から徒歩2分で栄町市場の南口に到着。
この日は新型コロナ感染防止対策の非常事態宣言中ということで、栄町市場もひっそりとしていました。
全てシャッターが下りた路地を抜けると
狭い路地にひっそりと開いているお店が
そう!ここが噂の【骨汁屋】
【骨汁屋】はカウンターだけの4席のお店。
この雰囲気!高倉健の昔の映画のセットの中にいるようデジャブーを感じましたw

メニューは骨汁と骨丼のみ

のれんをくぐってテーブルにカウンターの端に座ります。
メニューは本日の骨汁と
本日の骨丼(大小)と
骨汁と骨丼のセットメニューのみ。迷わずセットをオーダーしました。

ドリンクはミネラルウォーターかお茶のペットボトルがあって、お茶を買いました。
一応、ビールも置いているようですが、非常事態宣言で提供はされていなかったようです。

専門店の骨汁は
沖縄のブランドポークにこだわった
無化調、無添加の極上の骨汁だった

カウンターには骨汁の食べ方指南や
骨汁とは何かの説明が貼ってあって、骨汁が来るまで、骨汁の勉強ができますw
【骨汁屋】の骨汁は日替わりで3種の沖縄ブランドポークが使われていて、本日は我那覇アグーの骨汁です。
我那覇アグーとは?という説明もあって、これまた勉強になりますw ふむふむ。。。

期待も最高潮に高まったところで骨汁セットが来た〜〜!

骨汁セットは、骨汁+骨丼ミニ+小鉢6品+卵の黄身の構成で

骨汁には大きめのレタスがトッピングされています。

骨丼はしっかり煮付けた骨付き肉の丼がご飯の上にどーんと鎮座しています。でかっ!
丼にはQRコードの旗が立っていました。SNS拡散からの集客は大事ですw
小鉢の左側には、左からハンダマ、人参、玉ねぎ、フーチーバーなどの県産野菜の薬味。
右側の小鉢には、左からタクアン、おろし生姜、脂味噌の3種。

薬味の野菜は熱々のうちにスープに投入して、
骨汁のスープから飲んでみます。
かつおだしと凝縮された豚骨の旨味がまろやかで、やさしい味わいの塩味のスープです。
激うま!
次に骨の周りについているじっくり煮込まれたお肉。
軟骨の部分がゼラチン状にトロトロでたまりません!
次に骨丼。これも甘ジョッぱいタレで煮込まれていてご飯が進みます。
骨と骨の間に卵の黄味を投入します。
黄身を絡ませるとより濃厚な丼になりました。
味見をしたら後は夢中で食らうのみ!
骨の周りのお肉はお箸で簡単に外せます。これをガブリ!
熱々のレタスを一気に口に放り込み
骨の周りの細かい肉は、カニを身をとるスプーンで掻き出します
味変したくなったら生姜を投入
丼には紅生姜もサッパリして良いです
ポリフェノールが豊富に含まれている沖縄の葉物野菜ハンダマもいい感じでシナシナになっています。
丼のお肉を全部食べて、少し残してあったご飯をスープに投入
ご飯とスープが絡み合い骨汁ファンの幸福度も最高潮に!
完食!ごっつあんです!
我那覇アグーの骨はとてもいい仕事をしてくれました。


骨汁専門店の【骨汁屋】の骨汁はいかがでした?

骨汁の人気店の沖縄そば屋では、開店して数十分で売り切れなんてよくある話で、ここ【骨汁屋】はいつ来ても骨汁が食べられるので、骨汁ファンが泣いて喜ぶお店ですね。

骨汁専門店の【骨汁屋】


■住所:那覇市安里385番地(栄町市場内)
■電話:098-886-3333
■営業時間:11時〜14時、16時〜コロナの影響で変動有
■インスタ:https://www.instagram.com/honejiru_ya/
■定休日:日曜日
■駐車場:なし(近くにコインパーキング有)
■支払い:現金のみ

那覇市安里385番地

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2019-6-28

    世界中のリゾートで開催されている夏フェス☆コロナSUNSETS FESTIVAL

    毎年、糸満市の美らSUNビーチで開催開催されているリゾートフェス「Corona SUNSETS FE…
  2. 2021-7-12

    那覇栄町に【骨汁屋】は骨汁がいつでも食べれる骨汁好きのための専門店だった

    骨汁(ほねじる)は、沖縄そばのスープを作るために出汁を取った豚ガラを再利用して、汁物に仕立てた料理。…
  3. 2020-8-20

    沖縄西海岸の海を一望できる『レクー沖縄北谷スパ&リゾート』プール&温泉編

    沖縄西海岸の海を見ながらプールや温泉が楽しめる『レクー沖縄北谷スパ&リゾート』に行ってきました! …
  4. 2021-3-1

    南国感あふれるバーベキュー場『COZY BEACH CLUB(コージービーチクラブ)』

    那覇空港から車で3分のバーベキュー場『COZY BEACH CLUB(コージービーチクラブ)』 那…
  5. 沖縄ハピネスメモリー

    2021-4-13

    『沖縄ハピネスメモリー』ドローン撮影と合成映像が最高の思い出を演出!

    ガイドブックには載っていない新感覚の旅の思い出を 旅行先で写真を撮るのは誰でもすることですが、自分…
  6. 2021-5-12

    フォアグラとステーキでこの値段!『セブンステーキ』は激うまだった!

    リニューアルオープンで昼ラーメン 夜営業はステーキ屋の『セブンステーキ』 先日取材に行った鯛出汁…
  7. 2021-4-29

    古代沖縄へタイムスリップ!?やんばる国立公園内にある『大石林山(旧:金剛石林山)』

    長い時を経ても変わらずに古代の環境が残っている『大石林山』へ、いざ参る 沖縄の貴重な地形や沖縄特有…
  8. 2021-5-23

    ANAインターコンチネンタル石垣リゾートに泊まる

    今回の2泊3日の石垣島で旅行は夕食はホテルの外で食べることにして 朝食付きでANAインターコン…

最近の投稿

カテゴリーから探す

ページ上部へ戻る