世界中のリゾートで開催されている夏フェス☆コロナSUNSETS FESTIVAL

毎年、糸満市の美らSUNビーチで開催開催されているリゾートフェス「Corona SUNSETS FETIVAL」。
「Corona SUNSETS FETIVAL」は国内では類を見ない最高のロケーションで最高の音楽を楽しむビーチフェスティバルです。

沖縄の碧い海に囲まれたビーチに出現する非日常空間は
『ここはどこ?』
という不思議な感覚を味わえます。

今年は2019年7/13(土)14(日)のスケジュールで開催されますが、
その非日常空間をZoom Okinawaで疑似体験してみてください。

コロナSUNSETS FESTIVAL「Corona SUNSETS FETIVAL」の会場となるのは美らSUNビーチ
美らSUNビーチは、那覇空港から糸満市向けに小禄バイパスを南下して車でわずか15分程度。
車だと駐車場もあるけど、コロナの夏フェスなので、アルコールを飲む人はタクシーで来るか、県庁前から出ているシャトルバスを利用するか、路線バスでアクセスしてください。

ゲートの中はリゾート感溢れる非日常の異空間

会場に着くと、どでかい「Corona SUNSETS FETIVAL」のゲートが気分も否応なしに盛り上がっちゃいます。

ゲートを潜ると、もうそこは非日常の異空間。

もう『ここはどこの国?』って感じですよね。
海に浮かぶ「Corona SUNSETS FETIVAL」のロゴ

とりあえず「Corona SUNSETS BAR」で冷え冷えのコロナビールで乾杯!

日差しが半端なく強いので、ライブの合間にビールを片手に日陰で一休みできる場所がビーチのいたるところにあります。

ビーチにある「Corona」のバーは、まだ時間も早いので人もまばら

ビールを飲んだら、あとは音楽のシャワーを浴びて踊るだけ!

「Corona SUNSETS BAR」にはビーチを挟んで両端にGRIFFINCRAWNの2つライブステージがあってこちらはCRAWNステージ

飲んで踊ってお腹が空いたら、食べ物屋さんのお店へ。いろんな種類のお店があるので迷っちゃいます。
沖縄料理もありますよ!

「CORONA SUNSETS FESTIVAL」は、2014年にスペイン・イビサでスタートした世界中のリゾート地を舞台に行われるフェス。
日本には2015年に上陸して以来、沖縄の美ら SUN ビーチでの開催は、今年で4年連続となります。
雄大なサンセットを臨む絶好のロケーションで繰り広げられる、非日常感、開放感、リゾート感満杯の夏フェスは、あまり類を見ないです。

海で泳いでハンモックで昼寝もできる夏フェスはここだけ!

ビーチの一角にはハブクラゲ防止ネットで囲われた場所があるので、暑さで限界になったら海に飛び込んでください!

ちょっと飲み過ぎたり、踊り疲れたら、ハンモックや長椅子で昼寝もできるなんて、このリゾート感がたまらんw

ビールを飲んで、踊って、海で泳いで、ハンモックで昼寝もできる夏フェスはここだけですよね。

昼寝から起きてパインを食べたり
ビールカクテルを飲んだりしているうちに

だんだん日没も近づいてきて、GRIFFINステージ側もヒートアップ!
そして、このフェスのテーマにもなっているサンセットタイム。。。海に沈む夕日がきれい…
日没後、あたりが段々と闇に包まれくると一気に雰囲気が変わり、さらに非日常空間へと変貌していきます。

この辺で最後のラストスパートの前に、ガパオライスで腹ごしらえ。

そしてラストはGRIFFINステージでのDJパフォーマンスで怒涛の盛り上がり!

いかがでした?『Corona SUNSETS FETIVAL』に行ってみたくなりましたよね。
今年は2019年7/13(土)14(日)のスケジュールで、開催されます。

詳しくは公式ページをご覧ください⇒http://corona-sunsets.jp

なお、このイベントは年齢制限があり、20歳未満⼊場禁⽌ですので、ご注意ください。
⼊場時に必ず顔写真付きの⾝分証明書(免許/パスポート/外国人登録証明書)のご提示が必要ですので、免許証などもお忘れなく。

今年もCorona SUNSETS FETIVALで一緒に盛り上がろうぜ!

【Corona SUNSETS FETIVAL2019】

・会 場:沖縄美らSUNビーチ 野外特設ステージ
・所在地:沖縄県豊見城市豊崎5-1

・開催日:2019年7月13日(土)、14日(日) 13:00〜
・年齢制限:20歳未満⼊場禁⽌
※ご⼊場時に顔写真付きの⾝分証明書(免許/パスポート/外国人登録証明書)のご提示が必要です

公式WEBサイト:http://corona-sunsets.jp

沖縄県豊見城市豊崎5-1

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-7-5

    おしゃれで美味しい【ピパーチキッチン】は地元民だけじゃなく沖縄旅行者も行きたいお店だった

    『”ちゃんとした”ご飯が食べたいなあ』と思った時に、すぐに頭に浮かぶのが、 那覇・西町にあるカフェ…
  2. 2021-5-4

    慶良間諸島スキューバダイビングでウミガメと遊ぶ

    ウミガメと遊べる慶良間のダイビングスポット ダイビングスポットとして沖縄で絶対に行って欲しいのが慶…
  3. 2019-4-29

    沖縄通のための情報サイト【ZoomOkinawa(ズ〜ムおきなわ)】

    ZoomOkinawa(ズ〜ムおきなわ)は沖縄通のための情報サイト ・沖縄には何度も遊びに来て、も…
  4. 2021-6-22

    【真栄田岬 青の洞窟ダイビング】海はとてつもなく透明で洞窟は幻想的なブルーだった

    真栄田岬(まえだみさき)は沖縄本島北部の恩納村にあるダイビングとシュノーケルのスポットで、週末にな…
  5. 2021-5-1

    沖縄の伝統的な食文化を楽しむ!創作郷土料理が美味しい『琉球 Loo – Choo』

    那覇市泉崎の『Okinawa EXES Naha(オキナワ エグゼス ナハ)』内にある『琉球 Loo…
  6. 2021-5-26

    宮古島で鍾乳洞探検!パンプキンホールの神秘に触れる冒険ツアー

    沖縄本島から飛行機で50分の宮古島の海は、世界中からダイバーが訪れるほど透明度が半端なくてキレイで、…
  7. 2022-6-29

    【瀬長島】ルーフトップバーMare(マーレ)でサンセットを眺めた

    那覇空港から車で10分の瀬長島。 今回は、瀬長島ホテルの隣にあるイタリアンレストランPOSIL…
  8. 2021-6-13

    【ノボテル那覇沖縄】の《プレミアラウンジ・カクテルタイム編》

    ノボテル(Novotel Hotels and Resorts)は、フランスに拠点を置くアコーホテル…

糸満の安らぐ『やど有』

カテゴリーから探す

最近の投稿

ページ上部へ戻る