沖縄のクラフトビールが楽しめる『チャタンハーバー ブルワリー&レストラン』

北谷にあるクラフトビール(地ビール)レストラン『チャタンハーバー ブルワリー&レストラン』へ行ってきました!

西海岸にある『チャタンハーバー ブルワリー&レストラン』ではサンセットを見ながらビールを楽しめます。

名前の通りブルワリー(ビール醸造所)があるので、新鮮なビールを堪能できるのが特徴。

ビール好きには堪らないバー&レストランです。

 

1杯目はヴァイツェンのSサイズ(650円)

苦味は少なく、フルーティーで甘めな口あたりでした。

酵母の香りが特徴的になビールです。

 

ちなみに「ヴァイツェン」はドイツ語で「小麦」

一般的なビールは原料に大麦麦芽を使っているんですが、「ヴァイツェン」は50%の原料を小麦麦芽を使用しているんです。

だから、苦みが少なくフルーティーな感じに仕上がるんですね。

 

ニューイングランド風クラムチャウダー

料理も注文したかったのですが、あまりお腹が空いていなかったのでクラムチャウダーをチョイス。

ニューイングランド風のクラムチャウダーらしいです。

 

ビールとの相性もなかなかです

なんでもクラムチャウダーの発祥がアメリカ北東部ニューイングランドといわれているみたいです。

ホワイトソースの濃厚な味があっさりしたビールとピッタリでした。

 

貝類とベーコンの旨味が効いてる

貝の出汁とベーコンの旨味成分が抜群です。

 

テイスティングセット5種類(1,250円)

『チャタンハーバー ブルワリー&レストラン』ではビールの飲み比べができます。

ヴァイツェンの次は、テイスティングセット5種類を注文。

 

琥珀色のビールがとても美しい

黒ビール以外、同じビールでも微妙に色が違っています。

室内のライティングも相まってとても美しく感じました。

 

上から見てみると泡の質も微妙に違う感じ

同時に違うビールを飲む機会はあまりないので、いろいろと見比べてしまいます。

 

まずはラガーから

定番のラガービールですね。

すっきりしているのに、口の中にフルーティーでトロピカルな味わいが広がります。

黒ビールのスタウト

深い苦みの中にも甘みがあり、ビール好きに愛される黒ビール。

おつまみなしで味わうのが通です。

写真にはありませんが、IPA(インディアペールエール)というビールがとても印象的でした。

強い苦みがありますが、柑橘系&ハーブのようなフレーバーがあって癖になりそうな感じ。

 

クラフトビールのメニュー表

それぞれの特徴が書いてあります。

製造法や原料によってかなり味が変わるのがビールの面白いところ。

お酒は全般的にそうですが、ハマっちゃうといろいろな銘柄が飲みたくなって底なし沼です(笑)

 

カクテルやワインも豊富にありました

もちろんビールだけでなく、ほかのお酒も多くありました。

ビールはちょっと苦手だなぁという方でも安心です。

 

フードメニューも充実

今回はクラムチャウダーだけしか注文しなかったけど、次は他のメニューも頼んでみよう。

『ソーセージの盛り合わせスパイシーマスタード添え』とか『カナダ産レッドロブスターのグリル香草レモンバターソース』とか美味しそう。

 

お店の入り口はこんな感じ

落ち着いた感じでホテルの入り口みたいです。

 

『チャタンハーバー ブルワリー&レストラン』

ちょっと文字が消えかかっているところも逆にオシャレな感じ。

 

ろうそくのようなランプがあしらわれたシャンデリアがお出迎え

カウンターの上部にはオシャレなシャンデリアがありました。

 

奥に見えるのはビールを醸造しているタンク

実際に作られている工場を見ながらビールを楽しめます。

 

奥行もなかなかあって広い

最初は狭いかなぁと思ったんですが、店内はなかなか広かったです。

 

モノクロ写真が雰囲気出てます

いかにも西部開拓時代のような雰囲気の空間。

 

外国の写真かと思いきや沖縄の写真でした

よく見るとシーサーや綱引きの写真があります。

一部カラーもありますね。

 

カウンターの中にはオシャレな飾りつけ

赤いアンスリウムの造花?が目を引きます。

 

お酒の瓶もカラフル

いろいろなお酒が用意されてます。

この中だとボンベイサファイアが好きかな。

 

カウンターだけでなく小さめのテーブルも

小さなテーブルでこじんまり飲むのもなかなかいいかも。

 

奥には観葉植物のディスプレイ

シダ系をはじめとする日陰を好む植物がディスプレイされていました。

とても生き生きしていたので、ビール工場の環境とあっているかもしれません。

植物を見ながら一杯というのも乙なものですよ。

ピカピカに磨かれたカウンター

カウンターの前にはクラフトビールのロゴが整列しています。

次はどれを飲もうか…というときのメニューにも。

パイプには各ビールのロゴ

ラベルだけでもオシャレな感じ

 

窓からはハーバー(港)が一望できます

もうちょっと天気が良ければいい景色のはずなんだけどなぁ。

外の景色を楽しみながら一杯

時間を忘れてしまいそうな空間です。

 

テラス席もあります

天気のいい日はサンセットを見ながらビールを飲むと最高ですね。

 

お店の前をトゥクトゥクが走ってました

まるで異国にいるかのような気分に。
実はこれ、アメリカンビレッジから循環している無人の電気自動車だそうです。

『チャタンハーバー ブルワリー&レストラン』の魅力は伝わりましたか?

ビール好きには間違いなくマストなお店です。

北谷へ行った際にはぜひ立ち寄ってみてください。

『チャタンハーバー ブルワリー&レストラン』


■住所:沖縄県北谷町字美浜53-1
■お問合せ:098-926-1118
■営業時間(レストラン):17:00~23:00(LO 22:00)
■営業時間(バー):17:00~24:00(LO 23:30)
■営業時間(ショップ):17:00~22:00
■営業時間(テラスオーシャンズクラブ):9:00~17:00
■定休日:年中無休
■料金:5,000円程度
■Webサイト:https://www.chatanharbor.jp/
■アクセス:那覇空港から車で30分
■駐車場:あり※店舗横駐車場またはレストラン前の有料駐車場(入庫後2時間無料)

沖縄県北谷町字美浜53-1

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-4-16

    ハイアットリージェンシー那覇のクラブフロアに泊まってみた

    ラグジュアリーホテル『ハイアットリージェンシー那覇』の最上階の専用ラウンジが利用できるクラブフロアの…
  2. 2021-5-23

    ANAインターコンチネンタル石垣リゾートに泊まる

    今回の2泊3日の石垣島で旅行は夕食はホテルの外で食べることにして 朝食付きでANAインターコン…
  3. 2021-7-11

    【島cuisineあーすん】は沖縄の食材にこだわった隠れ家的一軒家フレンチレストランだった

    誰にも教えたくない、秘密にしておきたいお気に入りのレストランってありますよね。 今回、訪れた【…
  4. 2021-6-9

    ここは絶対行っとけ!世界遺産【座喜味城跡】は城壁からの360°の眺めが最高だった

    座喜味城(ざきみぐすく)は、築城家として名高い護佐丸(ごさまる)が、15世紀初期に築いたと言われてい…
  5. 2021-6-18

    残波岬の灯台に登ったみたらビックリするほどの絶景だった

    残波岬灯台(ざんぱみさきとうだい)は、沖縄県中頭郡読谷村の残波岬突端に立つ大型の灯台。 全国に…
  6. 2021-7-12

    那覇栄町に【骨汁屋】は骨汁がいつでも食べれる骨汁好きのための専門店だった

    骨汁(ほねじる)は、沖縄そばのスープを作るために出汁を取った豚ガラを再利用して、汁物に仕立てた料理。…
  7. 2021-7-4

    世界遺産『中城城跡』は絶対に外せない観光スポットだった!

    中城城跡(なかぐすくじょうあと)は、沖縄県中頭郡北中城村・中城村に存在した日本の城。15世紀の琉球王…
  8. 2021-5-4

    慶良間諸島スキューバダイビングでウミガメと遊ぶ

    ウミガメと遊べる慶良間のダイビングスポット ダイビングスポットとして沖縄で絶対に行って欲しいのが慶…

最近の投稿

カテゴリーから探す

ページ上部へ戻る