カクテルを錬金術!?沖縄初『琉球ミクソロジースタイル バーアルケミスト』

那覇市久茂地にある『琉球ミクソロジースタイル バーアルケミスト』

沖縄県内素材を使ったオリジナルのカクテルが楽しめます。

最新の器材を使ったカクテルは見て楽しい、飲んで美味しい!

他ではなかなかないカクテルを楽しめるのが魅力です。

そんな『琉球ミクソロジースタイル バーアルケミスト』をご紹介していきます。

扉を開けるとカウンターバーがあります。一人でもバーテンダーと話しながら飲めるので気軽に来られるバーです。

カウンター奥の右手にはテーブル席もあるので、6〜8人のグループでもOK!
テーブル席の壁の棚には、オリーブオイルソムリエの方がセレクトした、プレミアムなオリーブオイルが飾ってあります。

なんと言ってもアルケミストの特徴は、この液体窒素タンクと理科の実験器具のような、なんだかよくわからないお酒を作る器具。

アルケミストとは錬金術師のという意味です。錬金術とは中世のヨーロッパで化学的手段を用いて卑金属から貴金属(特に金)を精錬しようとする試みのことだそうです。
何が出てくるのか期待感が一気に高まります。

チャームは紅茶と生ハムとチーズのカリカリ煎餅と干し葡萄

沖縄県産の貴重な紅茶葉をブレンドした紅茶でおもてなし。

器もオシャレで細部にこだわっているのがわかります。

雰囲気作りが素晴らしいです。

ミニビーカーに入っています

あっさりした味わいで渋みも感じませんでした。

アルケミスト(錬金術師)的な感じがします。

シークヮーサー&柚子のモヒート

まずはあっさしりたカクテルを注文。

シークヮーサーと柚子のコンビネーションが最高のモヒートです。

島唐辛子を使ったカクテル

なんと島唐辛子を使ったカクテルもありました。

少しピリ辛な新しい感覚のカクテルです。

チーズ、生ハム、ナッツの盛り合わせ

フードも頼んでみました。

盛り付けが綺麗で食べるのがもったいないくらいです。

スモーク系のカクテル

スモークの風味が付いたカクテル。

グラス内のスモークがとても視覚的にも楽しい。

食べる真空調理のサングリア

フルーツの果肉が入ったサングリアです。

真空パックでしっかりと漬け込まれおり、濃厚な味わいが特徴。

実は規制の厳しいサングリア

サングリアは酒税法により20度以上の度数がないと酒税法違反になってしまうって知ってました?

アルケミストでは度数が変わらないように1杯ずつ真空パックで保存。

注文を受けてから開封して作っているので、しっかり法を順守している1杯です。

イチゴを使ったカクテル

フルーティーで甘いカクテルが飲みたいときにおすすめの一杯。

ノンアルコールでもオーダーできます。

イチゴの香りが口いっぱいに広がる至福なひと時を過ごせます。

トマトの自家製ドライフルーツ

とても作るのが難しそうなトマトのドライフルーツ。

トマトがカリッとした不思議な食感を楽しめます。

名物!液体窒素を使ったカクテル

液体窒素をシェイカーに注ぎながら作ってくれます。

目の前で見るとなかなかの迫力です・

店主の中村さんが作ってくれました

中村さんはカクテルコンペでいくつも賞をもらっている実力派のバーテンダーです。

最近ではオリオンチューハイ「WATTA<ワッタ>」カクテルコンペで優勝しています。

現在は「WATTA<ワッタ>」の新商品をオリオンビールと開発中だとか。

かなりこだわって案を出しているそうなので、発売がとても楽しみです。

窒素がモクモク

目の前で作ってくれるので、視覚的にも楽しい。

すごい勢い

ラスボスでも出てくるじゃないかという勢い(笑)

斜に飲み口のあるグラスに盛り付けていきます

そろそろ完成!

マスカットのナイトロカクテル

今回はあはマスカットティー(アルコール入り)に液体窒素を加えて作るマスカットのナイトロカクテルをチョイス。

初体験の食感と味に感動しました。

ただし、度数のわりに飲みやすい(食べやすい?)ので注意が必要です。

 

カクテルコース

3種類のカクテルを選べるコースもあります。

かなりお得なので、おすすめです。

 

1杯メニューだったかな?

光で見えなくなっているけど、1杯目のメニューだったはず。

1杯目はあっさり系が多い印象。

2杯目メニュー

どれも美味しそうでチョイスに困ります。

 

お店の入り口はこんな感じ

店内は内装にとてもこだわっています

アルケミスト(錬金術師)が実験していそうな雰囲気です。

店内には様々なハーブの香りに満ちていて、深呼吸すると幸せな気分になれます。

最後にデザートカクテル

『最後にデザートカクテル的な甘いやつを』
というオーダーをして出てきたのがこれ!
生クリームとウォッカを使ったまったりとして、ちょっと甘めのカクテル。
アクセントにスモークをしているんだけど、これが生クリームに溶け込んで、スモーキーな余韻がいつまでも楽しめる最高の一杯でした!!

 


 

『琉球ミクソロジースタイル バーアルケミスト』の魅力伝わりましたでしょうか。

久茂地付近で飲む機会があれば、ぜひ寄っていただきたいバーです。

『琉球ミクソロジースタイル バーアルケミスト』


■住所:沖縄県那覇市久茂地2-10-19 大城氏貸店舗102号
■お問合せ:098-943-8410
■営業時間:19:00〜3:00
■定休日:日曜日
■料金:3,000〜4,000円程度
■Webサイト:https://alchemist.okinawa/
■アクセス:モノレール県庁前駅から徒歩約5分
■駐車場:なし

沖縄県那覇市久茂地2-10-19 大城氏貸店舗102号

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-9-9

    隠れ家的一軒家フレンチレストラン【島cuisineあーすん】のハンバーグランチ

    ゆいレール小禄駅から徒歩2〜3分の隠れ家的一軒家フレンチレストラン【島cuisineあーすん】でハン…
  2. 2022-5-28

    那覇・久茂地「カラカラとちぶぐゎー」多彩な琉球料理が魅力の泡盛居酒屋

    那覇文化芸術劇場『なはーと』の向かいにある「カラカラとちぶぐゎー」に行ってきました。 こちらは…
  3. 2020-7-19

    美ら海水族館の巨大水槽を独り占めした日

    新型コロナ感染症の緊急事態宣言が解除された6月末に、美ら海水族館に久しぶりに行ってきました。 …
  4. 2021-5-27

    ANAインターコンチネンタル石垣リゾートで極上の朝食・その2《和食編》

    今回の2泊3日の石垣島旅行 、3日目の朝。 昨夜は晴れていたのでホテルの目の前のマエサトビーチ…
  5. 2019-4-29

    沖縄通のための情報サイト【ZoomOkinawa(ズ〜ムおきなわ)】

    ZoomOkinawa(ズ〜ムおきなわ)は沖縄通のための情報サイト ・沖縄には何度も遊びに来て、も…
  6. 2022-1-22

    韓国家庭料理『ウマゴン』は辛いだけじゃない本場の味だった

    韓国出身の夫婦が手間暇かけた本場の韓国家庭料理でもてなしてくれる那覇市壺屋にあるUMAGON(ウマゴ…
  7. 2021-5-4

    慶良間諸島スキューバダイビングでウミガメと遊ぶ

    ウミガメと遊べる慶良間のダイビングスポット ダイビングスポットとして沖縄で絶対に行って欲しいのが慶…
  8. 2021-5-15

    シティリゾート【ノボテル那覇沖縄】で贅沢なひと時を《プール編》

    角丸ボタン-S ノボテル(Novotel Hotels and Resorts)は、フランスに…

糸満の安らぐ『やど有』

カテゴリーから探す

最近の投稿

ページ上部へ戻る