フォアグラとステーキでこの値段!『セブンステーキ』は激うまだった!

リニューアルオープンで昼ラーメン
夜営業はステーキ屋の『セブンステーキ』

先日取材に行った鯛出汁ラーメン店『めでたい』。

ラーメンは昼だけで、夜はステーキ屋でニューオープンということで、夜ステーキを食べに行ってきました。

ゆいレール小禄駅から徒歩10分。夕方の5時過ぎにお店に到着。

暖簾には『セブンステーキ』の文字とDUCKとBEEFの文字が!

『DUCKって何?』と思ってよく見るとDUCKの下に小さく「フォアグラ」って買いてある。

なんか期待が高まってきました。

ロッシーニステーキってなんだ?
格安ステーキにはない新しい流れになるかも?

ではさっそく店内へ

オープン間際に行ったので一番乗りでした。

中央のテーブル席に着席。
小洒落たバーのような内装でカウンター7席とテーブル5席があります。
ラーメンのメニューもありましたが、夜はステーキのみだそうです。

入ってすぐ左手のカウンター横にはご飯とスープ2種をセルフで取れるようになっています。

メニューの表紙が「セブンステーキ」一押しメニューのステーキにフォアグラの乗った「ロッシーニステーキ」税込1500円。迷わずこれをチョイス

メニューを開くと部位別のステーキがたくさんあって、フォアグラはオプションで追加できるようです。

お酒はステーキなんで赤ワインがいいなあとスタッフに聞くとビールのみということでビールをオーダー

ではさっそくスープを取りに行きます。
スープは2種類で左が「マッシュルームクリームスープ」、右が「牛すじと野菜のコンソメスープ」。
セルフサービスでおかわり自由です。

「牛すじと野菜のコンソメスープ」は、牛すじも入っていてやさしいお味。

「マッシュルームクリームスープ」も、うまいです(ちょっとピンボケw)

サラダはお店のスタッフが持ってきます。

ドレッシングは胡麻ドレッシングとコブドレッシングの2種類。
『コブってなんだろう?』と思ってコブドレッシングを使いましたが美味かったっす。

ステーキ用のソースは「ガーリックソース」「オニオンソース」「ロッシーニ赤ワインソース」とか

沖縄のソウルフードといってもいいA1ソースやヒマラヤ岩塩、ブラックペッパーもあります。

とか言っているうちにロッシーニステーキが来たー!!!

鉄板の上でジュージュー焼けて美味しそう!!
ステーキの上に乗っているフォアグラも結構デカい!

ソースはフォアグラに合うということでスタッフさんおすすめの「ロッシーニ専用赤ワインソース」をかけて

まずはステーキ肉からパクリ!おいじ〜〜〜!!
この値段のステーキって正直全然期待してなかったけど、予想外の柔らかさと肉肉しいうまいステーキだった。

ステーキの部位はテンダーロインです。

次にフォアグラを一口サイズに切って赤ワインソースをたっぷりかけてパクリ!
なにこれ!激うま〜〜〜!フォアグラとか数年ぶりに食べて感動しました!

今度はお肉とフォアグラに赤ワインソースをたっぷりかけてパクリ!ビールゴクリ!うまー!!
赤ワインソースのちょっと甘めのフルーティーなソースがフォアグラとベストマッチ!!

あっと!そうそう!ご飯を食べるの忘れてたw

ご飯は炊きたてのコシヒカリ

ステーキも美味しけどここはご飯もおいしくってお肉に合う。
沖縄の格安ステーキ屋ではこのレベルの美味しいご飯を食べたことがないのでまたまた感激。

付け合わせのジャガイモはブラックペーパーを振ってと

お肉は焼き加減はミディアムで注文したけど、鉄板で結構火が通るんだね。
次回からミディアムレアで注文しようっと。

沖縄には1000円台で食べられるステーキハウスはたくさんあるけれど、セブンステーキのフォアグラのせのロッシーニステーキは他のステーキ屋とは一線を画すレベルの高さだった。
税込1500円でフォアグラが食べられるなんて、沖縄のステーキ界の新しい流れができるかもね。


『セブンステーキ』はいかがでした?

ところでなんでロッシーニステーキっていんだろうと気になって調べてみたら、19世紀の作曲家ジョアキーノ・ロッシーニにちなんで名付けられたフランスのステーキ料理でヒレ肉のステーキの上にフォアグラのソテーを乗せたものをロッシーニステーキというそうです。(セブンステーキはヒレではなくてテンダーロイン)

沖縄では珍しいフォアグラ乗せのロッシーニステーキ是非食べてみてください!

『セブンステーキ』


■住所:沖縄県那覇市金城5-7-12
■お問合せ:098-987-1711
■営業時間:17:30~
■定休日:なし
■料金:1,100〜1,485円
■アクセス:小禄駅から徒歩約6分
■駐車場:あり

沖縄県那覇市金城5-7-12

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-4-16

    ハイアットリージェンシー那覇のクラブフロアに泊まってみた

    ラグジュアリーホテル『ハイアットリージェンシー那覇』の最上階の専用ラウンジが利用できるクラブフロアの…
  2. 2021-7-12

    那覇栄町に【骨汁屋】は骨汁がいつでも食べれる骨汁好きのための専門店だった

    骨汁(ほねじる)は、沖縄そばのスープを作るために出汁を取った豚ガラを再利用して、汁物に仕立てた料理。…
  3. 沖縄ハピネスメモリー

    2021-4-13

    『沖縄ハピネスメモリー』ドローン撮影と合成映像が最高の思い出を演出!

    ガイドブックには載っていない新感覚の旅の思い出を 旅行先で写真を撮るのは誰でもすることですが、自分…
  4. 2021-5-1

    沖縄の伝統的な食文化を楽しむ!創作郷土料理が美味しい『琉球 Loo – Choo』

    那覇市泉崎の『Okinawa EXES Naha(オキナワ エグゼス ナハ)』内にある『琉球 Loo…
  5. 2020-7-19

    美ら海水族館の巨大水槽を独り占めした日

    新型コロナ感染症の緊急事態宣言が解除された6月末に、美ら海水族館に久しぶりに行ってきました。 …
  6. 2021-6-22

    【真栄田岬 青の洞窟ダイビング】海はとてつもなく透明で洞窟は幻想的なブルーだった

    真栄田岬(まえだみさき)は沖縄本島北部の恩納村にあるダイビングとシュノーケルのスポットで、週末にな…
  7. 2021-6-13

    【ノボテル那覇沖縄】の《プレミアラウンジ・カクテルタイム編》

    ノボテル(Novotel Hotels and Resorts)は、フランスに拠点を置くアコーホテル…
  8. 2021-6-29

    【ノボテル那覇沖縄】の《朝食編》種類も豊富で朝からお腹いっぱいになりました

    ノボテル(Novotel Hotels and Resorts)は、フランスに拠点を置くアコーホテル…

カテゴリーから探す

最近の投稿

ページ上部へ戻る